介護付きケアハウス

自立 要支援 要介護
更新日:2020/01/18

介護付きケアハウスとは

介護付きケアハウスは、介護サービスが充実したケアハウスです。この施設は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているため、施設内部のスタッフから24時間体制の介護サービスを受けることができます。また、自治体の助成を受けているため比較的低料金で利用することができます。

基本、介護を必要とする人が入居する施設となりますが、中には「自立」から受け入れている施設もあります。「重度の要介護」「認知症」「終身利用」への対応は施設により異なるので、受け入れ体制については個別に確認する必要があります。

※介護付きケアハウスは設置数が少ないため、地域や施設によっては入居が困難となる場合があります。

入居対象者

60歳以上で、「自立」「要支援1・2」「要介護1~5」の人が対象となります。

  • ※入居時の条件は施設により異なります。
  • ※施設によっては要介護者のみを受け入れている場合があります(介護専用型)。
  • ※ケアハウスの場合、「介護付き」であっても「重度の要介護」には対応していない場合があります。

概算費用

一般的に、介護付きケアハウスでは初期費用が「30万円」程度かかります(不要の施設もあります)。月額費用については、利用者の収入額によって変動する仕組みが取られています。

※家賃の前払い金を設定している施設では、入居時にまとまった費用が必要となる場合もあります。

初期費用 0~数十万円
月額費用 9万円~25万円

介護付きケアハウスの利用には次の費用がかかります。

初期費用 + 月額介護サービス費 + 居住費 + 生活費 + サービス提供費 + 日常生活費・他

初期費用
保証金、または敷金などの形で、入居時に30万円程度の費用が必要となるケースが多いです。(初期費用がかからない施設もあります)
介護サービス費
介護サービスにかかる費用は、「特定施設入居者生活介護」で規定された金額になります。(この費用は介護保険が適用されるため、利用者は1~3割の自己負担で済みます)
居住費(管理費と表記される場合もあり)
居住に要する費用です。(家賃に相当)
生活費
食費、および共用部分の水道光熱費などです。
サービス提供費(事務費と表記される場合もあり)
サービスの提供に要する費用(施設運営の人件費等)です。利用者の収入額により「10,000円~40,000円」程度の範囲で変動します。
日常生活費・他
日用品代、理美容代、おむつ代、専用部分の水道光熱費、レクリエーション費などが必要に応じてかかります。

部屋のタイプ

部屋のタイプは「原則個室」です。

  • ※1人あたりの床面積の規定は「21.6㎡(約13畳)以上」となります。
  • ※ただし、10室程度ごとに共用スペース(リビング等)が設置されている場合は「15.63㎡(約10畳)以上」。

介護付きケアハウスのサービス内容

介護付きケアハウスでは、主に次のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • 食事の提供
  • 食事、排泄、入浴などの介助
  • 生活相談
  • 生活支援(掃除、洗濯、等)
  • 機能訓練
  • 健康管理(健康状態の確認、服薬管理、医療機関との提携、等)
  • 療養上の世話
  • レクリエーション
  • 緊急時の対応

※この施設で提供される介護サービスのことを「特定施設入居者生活介護」といいます。

入居費用のイメージ

参考までに、3つのケースを想定して入居費用のサンプルを作成してみました。

  • ※下記の入居費用は、実在する介護付きケアハウスをベースとしたイメージです。(日常生活費などは含みません)
  • ※介護サービス費の金額は、利用者の状況(要介護度等)などにより異なります。

ケース1

手厚い介護体制を売りにした介護付きケアハウスで、利用者の前年の対象収入額が「1,500,000円以下」の場合。

  • 所在地:地方都市
  • 部屋のタイプ:個室 25㎡
初期費用 300,000円
保証金として
月額費用 185,000円 + 日常生活費等
  • 居住費:60,000円
  • 生活費:45,000円
  • サービス提供費:10,000円
  • 介護サービス費:20,000円前後
  • 上乗せ介護費:50,000円

※「上乗せ介護費」とは、基準を上回る人員配置をした場合に発生する費用のことです。

ケース2

手厚い介護体制を売りにした介護付きケアハウスで、利用者の前年の対象収入額が「1,900,001円~2,000,000円」の場合。

  • 所在地:地方都市
  • 部屋のタイプ:個室 23㎡
初期費用 300,000円
保証金として
月額費用 210,000円 + 日常生活費等
  • 居住費:40,000円
  • 生活費:45,000円
  • サービス提供費:25,000円
  • 介護サービス費:20,000円前後
  • 上乗せ介護費:80,000円前後

※「上乗せ介護費」とは、基準を上回る人員配置をした場合に発生する費用のことです。

ケース3

比較的低料金で利用できる介護付きケアハウスで、利用者の前年の対象収入額が「1,500,000円以下」の場合。

  • 所在地:地方都市
  • 部屋のタイプ:個室 24㎡
初期費用 0円
月額費用 115,000円 + 日常生活費等
  • 居住費:40,000円
  • 生活費:45,000円
  • サービス提供費:10,000円
  • 介護サービス費:20,000円前後