介護療養型医療施設(介護療養病床)の概要

長期療養のための公的な医療施設です。

要介護
更新日:2020/01/18

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは

介護療養型医療施設(介護療養病床)は、長期的な療養を必要とする要介護者を受け入れ、医学的な管理の下で、介護、医療ケア、リハビリテーションなどを行う公的施設です。

この施設は医療体制が充実しているため、高度な医療ケアを必要とする人でも入所することが可能です。

「重度の要介護」「認知症」「高度な医療ケア」に対応していますが、療養を目的とした施設のため「終身利用」の対象にはなりにくいです(症状が改善した場合は退所を求められる可能性があります)。

この施設は2024年に全面廃止の予定です。(その受け皿として2018年に「介護医療院」が創設されました)

入所対象者

65歳以上で「要介護1~5」の認定を受けている人のうち、長期の療養を必要とする人が対象となります。(重度の要介護者が優先されます)

施設の形態

介護療養型医療施設には次の2つの形態があります。

療養病床(療養病床を有する病院・療養病床を有する診療所)
重度の要介護者を受け入れる医療施設
老人性認知症疾患療養病棟
重度の認知症を伴う要介護者を受け入れる医療施設

概算費用

介護療養型医療施設は公的な介護保険施設のため、初期費用は不要で月額の費用も低めに抑えられています。また、「特定入所者介護サービス費」の対象施設となるため、低所得の人は食事代と部屋代の負担が軽減されます。(条件を満たしている場合)

初期費用 なし
月額費用 7万円~17万円

介護療養型医療施設の利用には次の月額費用がかかります。

施設サービス費 + 食費・居住費 + 日常生活費・他

施設サービス費
介護サービスにかかる費用のことで、利用者は1~3割を自己負担します。この費用は、利用者の要介護度と部屋のタイプなどによって変動します。
食費・居住費
食費と居住費(部屋代)は全額自己負担となります。居住費は部屋のタイプによって変動します。
日常生活費・他
日用品代や理美容代などが必要に応じてかかります。

※おむつ代は「施設サービス費」に含まれるため、別途負担はありません。

部屋のタイプ

部屋のタイプは次の4つです。(どのタイプが利用できるかは施設により異なります)

従来型個室
一般的な個室
多床室
2~4人で利用する相部屋
ユニット型個室
ユニットケアを導入している個室
ユニット型個室的多床室
ユニットケアを導入している個室風の多床室(完全な個室ではなく、多床室を間仕切りで区切ったスペースになります)

ユニットケアとは、10人ほどの利用者で1つのユニットを形成し、各ユニット単位で共同生活を送る仕組みのことです。共用スペース(リビング等)がユニットごとに設置され、それに隣接する形で各部屋が配置されています。

  • ※1人あたりの床面積の規定は「6.4㎡(約4畳)以上」となります。
  • ※介護療養型医療施設では「多床室」が多くなります。

介護療養型医療施設のサービス内容

介護療養型医療施設では、主に次のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • 食事の提供
  • 食事、排泄、入浴などの介助
  • 専門職員(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)によるリハビリテーション
  • 高度な医療ケア
  • 健康管理(健康状態の確認、服薬管理、等)
  • 緊急時の対応
  • ターミナルケア(終末期ケア)、看取り

※この施設で提供される介護サービスのことを「介護療養施設サービス」といいます。

入所者の多くが重度の要介護者であるため、レクリエーションのようなサービスはあまり提供されていません。

施設サービス費の目安

介護療養型医療施設の1日あたりの基本料金(施設サービス費)は次のようになります。

※施設の形態、部屋のタイプ、利用者の要介護度などにより料金は異なります。

例:療養病床を有する病院で、「療養機能強化型A」の場合
部屋のタイプ[上段] 自己負担額(1日)[下段]
ユニット型個室
ユニット型個室的多床室
要介護1
800円
要介護2
908円
要介護3
1,143円
要介護4
1,242円
要介護5
1,332円
従来型個室
要介護1
673円
要介護2
782円
要介護3
1,016円
要介護4
1,115円
要介護5
1,205円
多床室
要介護1
783円
要介護2
891円
要介護3
1,126円
要介護4
1,225円
要介護5
1,315円

上記は料金設定の一部のみを掲載しています(実際には条件ごとに細かく設定されています)。また、上記表の「療養機能強化型A」とは職員の配置にかかわる区分のことです。

食事代や部屋代などは介護保険の適用外となるので、それらの費用は自費で負担する必要があります。(費用の目安は基準費用額をご覧ください)

  • ※上記の自己負担額は利用者負担割合が「1割」の場合の金額です。
  • ※基本料金の他に複数の加算項目が設定されています。
  • ※サービスを利用する地域(地域区分)により利用料金は異なります。

食事代と部屋代を含めた料金のサンプル

参考までに、食事代と部屋代を含めた月額を次の条件で計算してみました。(1ヶ月=30日で計算)

  • 施設の形態:療養病床を有する病院、療養機能強化型A
  • 部屋のタイプ:多床室
  • 食事代と部屋代には「基準費用額」を使用

計算式:施設サービス費(1割負担) + 食事代と部屋代 = 合計額
(食事代 = 41,760円/月、部屋代 = 11,310円/月)

利用者の要介護度[上段] 自己負担額(月額)[下段]
要介護1 23,490円 + 53,070円 = 76,560円
要介護2 26,730円 + 53,070円 = 79,800円
要介護3 33,780円 + 53,070円 = 86,850円
要介護4 36,750円 + 53,070円 = 89,820円
要介護5 39,450円 + 53,070円 = 92,520円

以下は「特定入所者介護サービス費(第2段階)」の適用を受けた場合の月額のサンプルです。

(第2段階:食事代 = 11,700円/月、部屋代 = 11,100円/月)

特定入所者介護サービス費(第2段階)の適用を受けた場合
利用者の要介護度[上段] 自己負担額(月額)[下段]
要介護1 23,490円 + 22,800円 = 46,290円
要介護2 26,730円 + 22,800円 = 49,530円
要介護3 33,780円 + 22,800円 = 56,580円
要介護4 36,750円 + 22,800円 = 59,550円
要介護5 39,450円 + 22,800円 = 62,250円

高額介護サービス費」の適用を受けた場合は、更に安くなる可能性があります。

※上記の金額は目安としてご覧ください。(各種の加算費用、理美容代、日用品代などは含まれていません)