介護医療院

要介護
更新日:2020/01/18

介護医療院とは

介護医療院は、長期的な療養を必要とする要介護者を受け入れ、医学的な管理の下で、介護、医療ケア、リハビリテーションなどを行う公的施設です。

この施設は医療体制が充実しているため、高度な医療ケアを必要とする人でも入所することが可能です。また、介護・医療だけでなく「生活の場」としての機能も併せ持っています。

「重度の要介護」「認知症」「高度な医療ケア」「ターミナルケア(終末期ケア)」「看取り」に対応しています。

入所対象者

65歳以上で「要介護1~5」の認定を受けている人のうち、長期の療養を必要とする人が対象となります。

施設の形態

介護医療院には「Ⅰ型」と「Ⅱ型」があり、それぞれ次のような利用者を対象としています。

※この2つの施設では介護と医療が一体的に提供されます。

介護医療院「Ⅰ型」
重篤な身体疾患を有する人、および身体合併症を有する認知症高齢者等を対象としています。
※より高度な医療ケアを受けられます。
介護医療院「Ⅱ型」
「Ⅰ型」と比べて、容態が比較的安定している人を対象としています。

上記の他に、居住スペースと医療機関を併設した「医療外付け型」という形態もあります。

医療外付け型
容態が比較的安定している人を対象としています。

「医療外付け型」では、介護は居住スペースにおいて提供され、医療は併設する医療機関が提供することになります。

概算費用

介護医療院は公的な介護保険施設のため、初期費用は不要で月額の費用も低めに抑えられています。また、「特定入所者介護サービス費」の対象施設となるため、低所得の人は食事代と部屋代の負担が軽減されます。(条件を満たしている場合)

初期費用 なし
月額費用 7万円~17万円

介護医療院の利用には次の月額費用がかかります。

施設サービス費 + 食費・居住費 + 日常生活費・他

施設サービス費
介護サービスにかかる費用のことで、利用者は1~3割を自己負担します。この費用は、利用者の要介護度と部屋のタイプなどによって変動します。
食費・居住費
食費と居住費(部屋代)は全額自己負担となります。居住費は部屋のタイプによって変動します。
日常生活費・他
日用品代や理美容代などが必要に応じてかかります。

※おむつ代は「施設サービス費」に含まれるため、別途負担はありません。

部屋のタイプ

部屋のタイプは次の4つです。(どのタイプが利用できるかは施設により異なります)

従来型個室
一般的な個室
多床室
2~4人で利用する相部屋
ユニット型個室
ユニットケアを導入している個室
ユニット型個室的多床室
ユニットケアを導入している個室風の多床室(完全な個室ではなく、多床室を間仕切りで区切ったスペースになります)

ユニットケアとは、10人ほどの利用者で1つのユニットを形成し、各ユニット単位で共同生活を送る仕組みのことです。共用スペース(リビング等)がユニットごとに設置され、それに隣接する形で各部屋が配置されています。

  • ※1人あたりの床面積の規定は、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」が「原則8㎡(約5畳)以上」(経過措置として6.4㎡以上でも可)、「医療外付け型」が「原則13㎡(約8畳)以上」となります。
  • ※介護医療院における「多床室」では、家具、パーテーション、カーテン等の組み合わせによって室内を区切り、入所者のプライバシーを確保することとされています。

介護医療院のサービス内容

介護医療院では、主に次のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • 食事の提供
  • 食事、排泄、入浴などの介助
  • 生活相談
  • 生活支援(掃除、洗濯、等)
  • 専門職員(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)によるリハビリテーション
  • 高度な医療ケア
  • 健康管理(健康状態の確認、服薬管理、等)
  • 緊急時の対応
  • ターミナルケア(終末期ケア)、看取り

※この施設で提供される介護サービスのことを「介護医療院サービス」といいます。

施設サービス費の目安

介護医療院の1日あたりの基本料金(施設サービス費)は次のようになります。

※施設の形態、部屋のタイプ、利用者の要介護度などにより料金は異なります。

例:介護医療院「Ⅰ型」で、「サービス費Ⅰ」の場合
部屋のタイプ[上段] 自己負担額(1日)[下段]
ユニット型個室
ユニット型個室的多床室
要介護1
825円
要介護2
933円
要介護3
1,168円
要介護4
1,267円
要介護5
1,357円
従来型個室
要介護1
698円
要介護2
807円
要介護3
1,041円
要介護4
1,141円
要介護5
1,230円
多床室
要介護1
808円
要介護2
916円
要介護3
1,151円
要介護4
1,250円
要介護5
1,340円

上記は料金設定の一部のみを掲載しています(実際には条件ごとに細かく設定されています)。また、上記表の「サービス費Ⅰ」とは職員の配置にかかわる区分のことです。

食事代や部屋代などは介護保険の適用外となるので、それらの費用は自費で負担する必要があります。(費用の目安は基準費用額をご覧ください)

  • ※上記の自己負担額は利用者負担割合が「1割」の場合の金額です。
  • ※基本料金の他に複数の加算項目が設定されています。
  • ※サービスを利用する地域(地域区分)により利用料金は異なります。

食事代と部屋代を含めた料金のサンプル

参考までに、食事代と部屋代を含めた月額を次の条件で計算してみました。(1ヶ月=30日で計算)

  • 施設の形態:介護医療院Ⅰ型、サービス費Ⅰ
  • 部屋のタイプ:多床室
  • 食事代と部屋代には「基準費用額」を使用

計算式:施設サービス費(1割負担) + 食事代と部屋代 = 合計額
(食事代 = 41,760円/月、部屋代 = 11,310円/月)

利用者の要介護度[上段] 自己負担額(月額)[下段]
要介護1 24,240円 + 53,070円 = 77,310円
要介護2 27,480円 + 53,070円 = 80,550円
要介護3 34,530円 + 53,070円 = 87,600円
要介護4 37,500円 + 53,070円 = 90,570円
要介護5 40,200円 + 53,070円 = 93,270円

以下は「特定入所者介護サービス費(第2段階)」の適用を受けた場合の月額のサンプルです。

(第2段階:食事代 = 11,700円/月、部屋代 = 11,100円/月)

特定入所者介護サービス費(第2段階)の適用を受けた場合
利用者の要介護度[上段] 自己負担額(月額)[下段]
要介護1 24,240円 + 22,800円 = 47,040円
要介護2 27,480円 + 22,800円 = 50,280円
要介護3 34,530円 + 22,800円 = 57,330円
要介護4 37,500円 + 22,800円 = 60,300円
要介護5 40,200円 + 22,800円 = 63,000円

高額介護サービス費」の適用を受けた場合は、更に安くなる可能性があります。

※上記の金額は目安としてご覧ください。(各種の加算費用、理美容代、日用品代などは含まれていません)