地域密着型特定施設入居者生活介護

要介護
更新日:2020/01/18

地域密着型特定施設入居者生活介護とは

地域密着型特定施設入居者生活介護とは、地域密着型特定施設で提供される介護サービスのことです。

サービスの対象者

地域密着型特定施設入居者生活介護のサービスは、「要介護1~5」の認定を受けた人が対象となります。

また、このサービスは「地域密着型サービス」となるため、施設が設置されている市区町村に住民票を置いている必要があります。

対象となる施設

地域密着型特定施設のうち、基準を満たして「地域密着型特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設が、このサービスを実施することができます。(施設内部のスタッフが「介護保険適用の介護サービス」を提供できるようになります)

※この指定を受けた施設のことを「地域密着型特定施設入居者生活介護事業所」といいます。

地域密着型特定施設入居者生活介護のサービス内容

地域密着型特定施設入居者生活介護では、主に次のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • 食事、排泄、入浴などの介助、その他の日常生活上の世話
  • 機能訓練
  • 健康管理
  • 療養上の世話

自己負担額の目安

地域密着型特定施設入居者生活介護の1日あたりの基本料金は次のようになります。

※利用者の要介護度により料金は異なります。

利用者の要介護度(上段) 自己負担額(1日)(下段)
要介護1 535円
要介護2 601円
要介護3 670円
要介護4 734円
要介護5 802円

食事代や部屋代などは介護保険の適用外となるので、それらの費用は自費で負担する必要があります。

  • ※上記の自己負担額は利用者負担割合が「1割」の場合の金額です。
  • ※基本料金の他に複数の加算項目が設定されています。
  • ※サービスを利用する地域(地域区分)により利用料金は異なります。

短期利用について

施設によっては、空室を利用した「短期利用」を行っている場合があります。(地域密着型特定施設におけるショートステイ)

連続利用日数は最大で「30日」までで、「要介護1~5」の人が利用できます。

※これを「短期利用地域密着型特定施設入居者生活介護」といい、一定の要件を満たした地域密着型特定施設において実施が可能となります。

1日あたりの基本料金は長期利用時と同額です。(短期利用時のサービス費は「支給限度額」の対象となります)