認知症対応型通所介護(認知症デイサービス)

要支援 要介護
更新日:2020/01/18

認知症対応型通所介護(認知症デイサービス)とは

認知症対応型通所介護(認知症デイサービス)は、認知症の人を対象とした通所型のサービスです。日帰りでデイサービスセンターなどに通い、食事や入浴、機能訓練、レクリエーションなどを行います。(送迎もあります)

このサービスでは、利用者に外出の機会を作り、身体を動かすことなどによって、「孤立感の解消」や「心身機能の維持」を図ります。同時に、介護を行っている家族の「負担軽減」も目的のひとつとなっています。

※要介護者向けのサービスは「認知症対応型通所介護」、要支援者向けのサービスは「介護予防認知症対応型通所介護」といいます。(以下、この2つを合わせて「認知症対応型通所介護」と表記します)

事業所の形態

このサービスを提供する事業所には、次の3つの形態があります。

単独型
単独で運営している事業所です。
併設型
特別養護老人ホームなどの福祉施設に併設されている事業所です。
共用型
グループホームなどの共用スペース(リビング等)を使ってサービスを提供する事業所です。

※形態の違いにより利用料金が変わります。

サービスの対象者

認知症対応型通所介護のサービスは、「要支援1・2」または「要介護1~5」の認定を受けている人のうち、医師から認知症の診断を受けている人が対象となります。

また、このサービスは「地域密着型サービス」となるため、事業所がある市区町村に住民票を置いている必要があります。

利用施設

認知症対応型通所介護のサービスは、利用定員が12人以下の「デイサービスセンター」や、「グループホーム」などの共用スペースで提供されます。

認知症対応型通所介護のサービス内容

認知症対応型通所介護では、主に次のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • 食事の提供
  • 食事、排泄、入浴などの介助
  • 機能訓練
  • レクリエーション
  • 自宅から施設への送迎

認知症に特化した通所サービスのため、認知症に詳しいスタッフから適切な「認知症ケア」を受けることができます。

自己負担額の目安

認知症対応型通所介護の1回あたりの基本料金は次のようになります。

※施設の形態や利用時間、利用者の要介護度により料金は異なります。

要支援者の基本料金

「要支援1・2」の認定を受けている人の料金です。

例:単独型の事業所で、7時間以上8時間未満の利用の場合
利用者の要介護度[上段] 自己負担額(1回)[下段]
要支援1 856円
要支援2 956円

要介護者の基本料金

「要介護1~5」の認定を受けている人の料金です。

例:単独型の事業所で、7時間以上8時間未満の利用の場合
利用者の要介護度[上段] 自己負担額(1回)[下段]
要介護1 989円
要介護2 1,097円
要介護3 1,204円
要介護4 1,312円
要介護5 1,420円

共通事項

上記は料金設定の一部のみを掲載しています。(実際には事業所の形態や利用時間ごとに細かく設定されています)

事業所の形態による料金の違いは、「単独型」が最も高く、「併設型」が少し安くなり、「共用型」は単独型の半額前後になります。

食事代やおむつ代などは介護保険の適用外となるので、それらの費用は自費で負担する必要があります。

  • ※送迎料は基本料金に含まれます。
  • ※上記の自己負担額は利用者負担割合が「1割」の場合の金額です。
  • ※基本料金の他に複数の加算項目が設定されています。
  • ※サービスを利用する地域(地域区分)により利用料金は異なります。