前払い金保全借置の意味・解説

読み方:
まえばらいきんほぜんそち
更新日:2020/10/17

前払い金保全借置とは

前払い金保全借置とは、入居する有料老人ホームが倒産した場合であっても、未償却分の前払い金が最大で500万円まで保全される制度のこと。前払い金を受領する有料老人ホームでは、この保全措置を講じることが義務付けられている(※)。

※2006年3月31日以前に設置された有料老人ホームについては、経過措置期間を経て2021年4月1日から適用される。

関連用語

「前払い金保全借置」に関連した介護用語

関連記事

「前払い金保全借置」に関連した介護情報の記事